セルフスタンドでお釣りを取り忘れても諦めるのはまだ早い

数ヶ月前にセルフスタンドで3000円のお釣りを取り忘れた!

 

なぜ取り忘れたのかというと

  1. 以前はコスモ石油でガソリンをいれていたためコスモ・ザ・カード・オーパスのクレジットカードをつかっていた。必然的にお釣りはなし。
  2. ガソリンは2000円分入れることにしていたため、2000円入れていればお釣りはない。
  3. 今回は5000円札しか持っていなかったため5000-2000=3000円のお釣りが発生した。
  4. お釣りはめったにないため、取り忘れた。

 

こんな流れです。いや、自分が悪いんですけどね。お釣りを取り忘れた時は「やってしまった~」と凹みました。

 

しかしもしかして残っているかもとセルフスタンドに電話をすると名前を聞かれてお釣りが残っていたことがわかり取りに行きました。もしお金を取り忘れても一応確認した方がいいです。

 

店員が給油するのを確認しているようですね。メトロノームのような謎の機械で給油許可をしていない限りは。

 

お釣りを取り忘れることは10年に1回くらいやるんだよね。現金での支払いは極力やりたくないんだけど、そこのガソリンスタンドは現金のほうが安いので使ってしまう。

 

極端に言うと車も持ちたくないんだよね。田舎社会だから車は必要だけど。車の価格、維持費、ガソリン代などなど嗜好品かと思うくらいお金がかかるから。年収が変わろうが車の価格は変わらないし。

 

都会であれば公共の交通機関が発達しているけど田舎はどんどん廃止されていく。この流れは正直ヤバイは。

ドラクエ11でただいま勇者中です

タイトルのとおりにドラクエ11を購入してプレイしています。Amazonで購入したため発売日当日には届きませんでした。なんてことだ!

 

ドラクエは8以来なんだけど、やっぱりドラクエはおもしろい。しかし年をとったためか集中力が足りない!ゲームしている最中に眠くなったりする。

 

学生時代であれば友人たちとゲームの話しをすることもあったけど、社会人になるとそれがなくなってしまった。そのあたりが原因で話し相手がいないとゲームに集中できないのかもしれない。

 

まだまだゲームは中盤あたりなんだけど、仕事があるせいか思うように進めない。セミリタイアしていれば好きなだけドラクエができるのにw

 

そういえば昔はドラクエ派とFF派がいて、FF派だったけどもう完全にドラクエ派です。FF15なんて買いもしなかった、もうわけわかめで。ハマったFF7以降はモチベーションダウンしてしまいました(^_^;)

 

久しぶりのドラクエだとわからない呪文とかあるね。ドルマとか(最初ブログに書いた時デルマって間違えた)。

 

売上もよろしいようで300万本以上売れたとか。スクウェア・エニックス・ホールディングスの株価も上がっていますね。最近の地合いがいいからかもしれませんが。

 

最初に購入したドラクエは5の天空の花嫁ですけど、Vジャンプだったかで堀井雄二さんが主人公のコスプレをしていたのが思い出深いw

 

さ~てそれじゃ今日も世界を救いにいきますか!

メルカリカウルでの出品は超絶楽

昨日言ったとおりに残っていた本をメルカリに出品しようと朝からがんばっていました。写真を撮ったりしたりとめんどくさかったです。

 

いざ出品しようとなってパソコンを使って出品しようとしましたが、写真がスマホからパソコンへアップロードできず「あーもうやめようかな」と思いました。

 

ふとメルカリカウルの広告があったので見ているとスマホバーコードリーダーを使って出品しているではないですか!コンビニのレジみたいに「ピッピ」とバーコードを読み込むようにあっという間に出品できました。写真はスマホで取ったものを使いました。

 

ただ文章入力はパソコンから行いました。イレギュラーとしては写真が裏表紙が1番目の写真となっていたため、表紙が1番目になるように変更しました。

 

簡単には売れないかなと思いましたが早速売上がありました。マケプレとメルカリどちらが流動性があるのかわかりませんが、なかなかいい感じです。

 

このまま売れ続ければいいな。

Amazonマーケットプレイス再開

以前Amazonマーケットプレイス(以下マケプレ)で本を売っていたが、忙しくなったりして一時中止していた。ただ面倒になっていただけともいう。

 

約1年ぶりの再開だが早速売上があった。やはりマケプレの集客力は半端ない。

 

本を売るのにマケプレを選択している理由はやはり登録が簡単だからだ。ヤフオクやメルカリは写真を撮ったりしなければならないけど、マケプレはその必要はないから楽。

 

持っている本の3分の1ほどマケプレに登録しました。残りの3分の2は利益がでないため登録していません。以前であればこれらの本は捨てていました。

 

今回は写真をとるのに手間がかかりますがメルカリで売ってみたいと思います。果たしてどのくらい売れるものなのか楽しみだ。もちろん売れないものは処分です。

 

本の購入(中古本)はメルカリ〉マケプレになっている。メルカリは出品者が送料負担なことが多いから安く済むことがある。また出品者がタイトルを中途半端に入力しているのか、検索結果に引っかからず安いのに売れていないものもあった。

 

そのあたりが本を安く購入できるコツなんだろう。マケプレではそんなに儲けようとは思っていなくて【売れたお金でまた本を購入できればいいね】くらいに思っている。

英語を勉強しても身につかない

勉強は基本的に好きなため資格取得には比較的意欲がある方だと思う。中には会社から資格を取るように言われても勉強をせずに何度も落ちる人もいる。私は仕事の資格に関してはほぼ落ちることはなかった。といっても難しい資格を取っているわけではない。

 

しかしどうしてもやる気の出ない勉強がある。それは英語だ!

 

勉強法を知るため本を購入して読んだり、英検やTOEICの勉強をしたり、通信講座で勉強をしたりスカイプ英会話をするもま~~たく身につかない。

 

そこで理由を少し考えてみた。

  1. 英語を使う機会が全くない。
  2. そもそも英語の基本ができていない。
  3. 英語の勉強がおもしろくない。(英語アレルギー)

理由はこんなところでしょうか。まず英語を使う機会が全く無いため英語を勉強しようとはするものの、英語を使えるようになったらどうなるのか思いつかなく途中でやる気が出なくなる。

 

次に学校時代の英語の成績が異常に悪かった。英語コンプレックスを持っているのかもしれない。当時はなんでこんな勉強をしなければならないのかと思ったほどだ。

 

最後に英語の勉強が面白くない。勉強しても全く覚えず、TOEICにいたっては200点台という点数を取ってしまってさらにやる気をなくしてしまった。

 

悪い面だけを書きましたが勉強をする意欲があっただけマシなのかもしれません。そもそもいつか海外旅行に行きたいと思っているので英語を使えることに越したことはないのです。そもそも英語圏にいくかは別問題ですが。

仕事は無理せず我慢せず

仕事をする上で人間関係はかなり重要視している人は多いんじゃないかな。わたしも人間関係を仕事をする上で重視しています。

 

人間なんだから考え方が違うのは当たり前なんだから。ただ声の大きい人が有利になりやすいんだよね。物言わぬ人はそれだけでも不利だ。声の大きい人が正しいのならともかく、間違っていること、どちらの意見も正しいことなんていくらでもある。それなのに声の大きい人は自分の意見が絶対に正しいと思っている事が多い。

 

人間関係で病んでしまう人も多いと思う。病んでしまうに至らないまでも、その手前までいってしまうことも生きている上であるだろう。

 

そんな時は会社で使えるツールは使ったほうがいい。大企業であれば労働組合に相談するもよし、カウンセリングができるのであればそちらに相談するもよし。上司に相談して配置転換を希望するもよし。

 

無理に我慢する必要なんて無いんだ。その状態のまま仕事を続けたってストレスが溜まって、いずれ病んでしまう。

 

まあ何らかの処置はとってもらうことは重要。自分でどうにかできないことも多いので、他者から仕事の環境を変えてもらうことも時には必要。

 

対応策がとれないのであれば、仕事を辞めることも頭に入れておくほうがいい。ただある程度働かなくても生活できるだけの貯金は必要になりますが。

 

そんな私は現状のストレスは少なめです。前までかなりストレスは多かったですが改善されました。

DMMコミックレンタル継続中

以前にもチョロっと書いたがDMMコミックレンタルを使ってマンガ本をレンタルしている。自宅にいてマンガ本をレンタルできるなんていい時代になったな~。

 

マンガ本を読みたい時にはマンガ喫茶に行けばいいやと思っていたが、面倒になって行った試しはほとんどなかった。ネットの何かの記事でコミックレンタルの記事をみてコレはいいやと試した次第です。

 

コミックレンタルにはツタヤディスカスなどもあるけど、50冊まとめて借りるとDMMコミックレンタルがやすいのでこちらを利用しています。50冊もまとめて読めないという人は25冊以上(20泊21日)借りてみるといいです。25冊未満だと14泊15日になります。

 

さてこれまで250冊以上レンタルしてきましたが、マンガ本からしばらく離れている人も多いと思うので続編ものでレンタルしたものを挙げていきたいと思います。

 

見たことのある名前だと思う人もいるでしょう(おっさんほいほい

エンジェルハートは名前だけ聞くとわからないかもしれませんが、シティーハンターと聞くとわかるという人は多いでしょう。もしかするとエンジェル・ハートはドラマ化もされたので分かる人はいるかな。この作品は人間ドラマですね。

 

たいようのマキバオーは・・・マキバオーというタイトルでピンと来る人がいるでしょう。みどりのマキバオーの続編です。続編と言ってもミドリマキバオーの甥、マキバコの子供のヒノデマキバオーが主役のマンガです。この3冊の中では一押し作品です。

過去の3強のなかではカスケードが一番目立っていたかな。ミドリマキバオーは行方不明?ということになっていますが読んでからのお楽しみで(^^♪

えっアマゴワクチン(´・ω・`)

 

聖闘士星矢(タイトルが長いので省略)は聖闘士星矢のネームバリューとしてはこの3つの中では一番知名度は高いのかな。ただこのLCは作者がちがうので絵柄が全く違います。ここは好みですね。アニメの作品をレンタルしてみたところ意外と面白かったのでマンガ本を読んでみました。ちなみにアニメは未完です(´・ω・`)

 

さて色々書いてきましたが、作品自体は多々あります。もちろんレンタルのためマンガが他の人に借りられていると貸出中となりレンタルできないこともあります。その時は待つしか無いですねw

 

DMMコミックは50冊レンタルすると1冊50円×50冊で2500円。プラス送料840円で合計3340円が必要となります。1冊あたり66.8円で十分安いです。マンガ本のレンタルは今後も継続していきます。なによりも面白いですしね。