定年まで働くことはない

「あと定年まで◯◯年だ」「あと20年、30年働かなくちゃいけない」会社にいるとこんな話が聞こえてくる。

しかし定年まで働くことを考えているのに本音は「働きたくない」と言葉に出している人もなかにはいる。これにものすごい違和感を感じるのは私だけだろうか。働きたくないのに定年まで働くことを公言しているのである。

とても私にはできない考え方だ。働きたくなければある程度お金を貯めたら働かなければいいのに。もしくは働くにしても週の労働時間を減らして対応できるだろうに。しかし定年まで働くということが世間一般の考え方なのだろう。

年をとるにしたがい運動能力は落ちていく。働くにしても肉体労働であれば生産性は低下していく。わたしは60代で今の仕事をできるかと言われたら無理と答えるだろう。

どちらにしても早期リタイアを目指す身としては定年まで働くつもりはありません。定年まで働いてからやりたい事をやりたいと思っても、意外と老化は進んでいて思うように体が動かないと思うし、病気になることもあるだろう。実際に私の祖父母は60代で亡くなっている。定年してから数年で亡くなってしまった。

人生一度しかないんだからやりたい事をやればいいと思うしそれを実現していきたい。そのためにはお金が必要なんですけどねw